DAMA日本支部 概要

団体名DAMA日本支部(略称:DAMA-J)
所在地〒103-0001 東京都中央区日本橋小伝馬町4-11 サンコービル 株式会社 データ総研内
設立2011年04月
代表者林幹高
会員数92名 (法人会員 : 13社) 2017/1/1現在
事業内容
  1. データマネジメントの普及
  2. DMBOKの普及
  3. データマネジメントに携わる方の交流の場の提供
連絡先連絡先はこちら

理事

hayashi

林幹高 (会長)

1985年から2007年まで海外在住。現在は日揮株式会社にてシステムアナリストとして勤務。データモデリング、アプリケーション・アーキテクチャ、プロジェクトマネージメントの専門家。GenericなEnterprise Data Modelingを追求している。趣味は洋画と下手なゴルフ。

EMail : hayashi@dama-japan.org

kiyama

木山靖史 (副会長、(兼)財務担当理事)

味の素に入社以来、営業、事業部を渡り歩き、情報に転じてからは、共通マスター、EAI、グローバルSCM、海外SAP導入等のプロジェクトを担当し、現在は各国から押し寄せてくるデータと悪戦苦闘中。 愛読書はPlotkinさんのData Stewardship(こちらも悪戦苦闘中)。週末のテニスとウクレレで何とか生き延びている。

EMail : kiyama@dama-japan.org

yoshioka

吉岡健 (管理担当理事)

株式会社データ総研 コンサルティンググループ、データマネジメントコンサルタント。顧客企業へのエンタープライズデータモデル整備やマスターデータマネジメント等のコンサルティング活動を通して、データマネジメント分野の普及・定着化に精力する。食べ歩きが趣味だが目下ダイエット中。

EMail : yoshioka@dama-japan.org

tone

刀根利光 (管理担当理事、(兼)情報担当理事)

株式会社シーイーシー 専門はオープン系システム開発のプロジェクト・マネジメント。現在はシステム開発におけるデータの重要性を再認識し、データマネジメント(特にDQM)について猛勉強中。

EMail : tone@dama-japan.org

oonishi

大西浩史 (企画担当理事)

1997年 データマネジメント事業を立ち上げ、2001年 NTTデータ、大日本印刷、SAP等を株主とした共同出資会社を設立。製造・流通・サービス業、金融、公共等の各分野におけるデータマネジメント改善の企画立案・実行を行い、数多くの実績を残す。

EMail : oonishi@dama-japan.org

ichikura

一倉徹 (情報担当理事)

日本アイ・ビー・エム グローバル・ビジネス・サービス シニアITアーキテクト。AI、オブジェクト指向、CASEツールを使ったモデリングなどの経験から情報システムの分析・設計の基礎はデータモデルと確信。システム開発プロジェクトに参画多数。主にデータモデリング、DB設計を担当している。論理と物理のバランスをとることを心掛けている。趣味はセーリング。

EMail : ichikura@dama-japan.org

YoshihikoHoshi

星芳彦 (広報担当理事)

(株)日立ソリューションズ東日本、1985年よりDOA適用のアプリケーションを担当。1984年からは、カリネットベースのRDBMSを担当。業務領域は非基幹系金融領域(金融派生商品、外国株式・債券、ALM、コンテンツ管理、シンジケートローン)を主に担当。ジャズ演奏が趣味

EMail : hoshi@dama-japan.org

yagishita

八木下博 (広報担当理事)

40年ほど前に某メーカにて汎用機OSの開発(データ管理)に携わった後、独立系ソフトハウスにてアプリ畑を30年以上に亘って歩む。汎用機全盛の頃からダウンサイジング を経てインターネットの時代へと、インフラは変わったが、ひたすらDBアプリ開発者の視点からITと格闘。データモデリングをはじめとするデータ関連技術一筋だった訳ではないが、 アプリインフラとしてのDBには大いに関心を抱く。趣味は旅とトレッキング他。

EMail : yagishita@dama-japan.org