分科会活動


【活動中の分科会】

第8分科会:データ品質に関する研究会[略称:DQM研究会](2013~現在活動中)

・データ品質とは何か、データ品質を向上させるにはどうすればよいかという点について、DMBOKの12章をベースにデータ品質マネジメントの具体的適用方法を研究しています。

第9分科会:DMBOKに関する研究会[略称:DMBOK研究会](2015~現在活動中)

・現在のDMBOKはテキスト主体であり、我々自身でより深く理解していきながら、例えば図解するなどより分かりやすく表現することによって我々の理解度を上げていきます。

第10分科会:データモデリングの実践的検討会[略称:データモデリング検討会](2017年度新規)

・データモデリングに関してスキルを付けたい(高めたい)と思った時に、現状では、市販の参考書にしろセミナーにしろ、教科書的な内容であるのが一般的と思われます。当分科会では、データモデリングそのものの勉強会ではなく、既存の(既に出来上がった)データモデルを題材にして、そのモデルを分析することによって、実践的なデータモデリングノウハウを蓄積・共有することを目的に活動します。

第11分科会:データマネジメント成熟度モデル分科会[略称:DMM検討会](2017年度新規)

・データマネジメント成熟度モデルは、国内外でいろいろ提唱されてきたが、DAMA-IはCMMIと2015年にCMMIのデータマネジメント成熟度モデルとDMBOKで教育分野での補完的な関係を持つことをプレスリリースした。自社のDM取組度合いを測定するためのDMMを理解する。





【過去の分科会】

第1分科会:EDW情報展開分科会(2010~2011)

・EDWでのトピックスを紹介する分科会です。
<終了しました>

第2分科会:データ・マネジメント・ディクショナリの日本語化検討会(2012~2014)

・データマネジメント・ディクショナリ(1st edition)の用語に対して、「日本語名」を付与するとともに、一部の重要用項目は、定義の日本語訳を付与しています。
<終了しました>

第3分科会:データマネジメント成熟度モデル検討会(2011~2013)

・過去のEDWにてApril Reeve氏(EMC社)が発表したDMBOKベースの成熟度レベル診断を分析し、企業が簡易的に用いることができる汎用的なデータマネジメント・マチュリティモデルとその診断シートの作成を目指して活動しています。
<終了しました>

第4分科会:意思決定に寄与するデータモデル研究会(2011~2014)

・IT利用サイドからの意思決定とモデルの関連、または意思決定そのものに関する議論の中から、DELTAにおけるデータ活用の成熟度に焦点を当て、成熟度を上げていくためにデータマネジメントがどのように関わ っていくのかを検討しています。
<終了しました>

第5分科会:メタデータ・マネジメントの検討会(2012~2016)

・メタデータは非常に重要な概念であり、データマネジメントの基礎ですが、日本国内ではメタデータ・マネジメントに関わる研究がほとんどなされていないため、その理解を深める活動をしています。
<終了しました>

第6分科会:DMBOKフレームワーク第2版の検討会(2012~2016)

・米国で編集中のDMBOKフレームワーク第2版のベータ版を基にその構造や内容について読み込みを行い、DAMA日本支部としての意見上申を行うべく、活動しています。
<終了しました>